MENU

フォームから問い合わせフォームで問い合わせる

ご入居予定の方

ありなし

相談される方

施設紹介のために電話をおかけします

ご相談やご質問だけでもかまいません

利用規約プライバシーポリシーに同意して


電話で相談する電話で相談する

フリーコール

[受付] 9:30~18:00 土日祝OK

了解ないまま施設を紹介いたしません
ご質問・ご相談だけでもかまいません
お答えできるものだけでかまいません
電話代も含め料金は一切かかりません

ちいかいとは

ちいき新聞の介護施設・高齢者住宅の無料紹介サービス
地域新聞社が介護の必要な方々のお住まい選びをサポート! 千葉県で35年培ってきた情報網を活かし、専門の相談員が、適切な施設のご提案、施設見学への同行、入居後のアフターフォローまでを無料で行います。安心して施設をお選びいただくためのサービスです。

千葉県に密着35年以上の情報網 地域新聞社
社内のプロ専門員が対応 多数施設を把握
施設選びの見学に相談員が同行 契約・入居もサポート

電話で相談する電話で相談する

フリーコール

[受付] 9:30~18:00 土日祝OK

了解ないまま施設を紹介いたしません
ご質問・ご相談だけでもかまいません
お答えできるものだけでかまいません
電話代も含め料金は一切かかりません

フォームから問い合わせフォームで問い合わせる

ご入居予定の方

ありなし

相談される方

施設紹介のために電話をおかけします

ご相談やご質問だけでもかまいません

利用規約プライバシーポリシーに同意して


サービスの流れ

1お問合わせ

お問合わせ

まずはお電話フォームよりお問い合わせください。ご相談内容に応じてご提案いたします。

2施設見学

施設見学

施設選びの専門家が施設の見学に同行させていただき、ポイントを説明させていただきます。

3ご契約

契約

お気に召した施設がありましたら契約を交わします。契約内容は必ず丁寧に説明いたします。

4ご入居

入居

準備が整ったらご入居です。お引越しなど、お困りのことがあればお気軽にご相談ください。

対応エリア

対応エリア|ちいかい

「ちいかい」の対応エリアは千葉市・八千代市・佐倉市・四街道市・鎌ケ谷市・船橋市・習志野市です。この7市の皆さまの相談に乗らせていただき、介護付有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・サービス付高齢者住宅・グループホームを紹介し、同行。契約/入居のサポートをさせていただいております。運営元の㈱地域新聞社が千葉県八千代市で創業してから35年。おひざ元の地域に絞り、情報網を活かしたお手伝いをさせていただいております。

ちいかいにお任せ

1老人ホームの種類が多くて
よく分からない

老人ホームの種類が多くて、よく分からない

老人ホームの分類から説明させていただきます。お客様の現状、ご予算などをもとに、たくさんの老人ホームの中から、ご要望にあったホームをご紹介します。

たくさんのホームから安心してお住まいを決めることができます。

2低い予算でも
老人ホームに入れる?

低い予算でもホームに入れる?

低い予算でも老人ホームに入居することができます。老人ホーム料金の仕組み、将来的にかかる費用などをわかりやすく説明し、適切なホームをご紹介します。

納得いただける入居先が決まるまで、全て無料で対応いたします。

3退院する予定だが
自宅での介護は難しい

退院する予定だが自宅での介護は難しい

様々なご相談に対応すべく情報を揃えております。空き室数・料金・受け入れ可能な医療レベルなど、情報を把握している「ちいかい」のプロ相談員にご相談を!

私たちは中立的な立場で適した施設をご紹介させていただきます。

運営会社:㈱地域新聞社

「ちいかい」の運営は地域新聞社が行っています。千葉市花見川区で1984年に創業した地域新聞社は「人の役に立つ」の理念のもと、地域情報を発信し続け、2007年には株式を上場、2015年には「ふるさとづくり大賞(総務大臣賞)」を受賞しました。企業の社会的役割を果たすべく、ピンクリボン運動や高齢者見守り活動にも力を入れるなど、千葉県のリーディングカンパニーとして歩みを進めています。

人の役に立つ

1. 働く人達の役に立つ 豊かな生活と生きがいを生み出す場を確保し続ける
2. 地域社会の役に立つ お客様・読者・業者・社会に喜ばれる事業を行い続ける
3. 国家の役に立つ 利益を生み税金を納め続ける

人がこの世に生まれ、生きて行く上でいつも心がけるべきは、自分以外の人のために自分を役立たせることである。会社とはこのことを実践するための最高の手段であり、道具である。このことから会社とは広義において奉仕活動である。ゆえに会社は理念に基づき活動の範囲を広げる努力をし続けなければならない。つまり、成長と拡大を行い続ける義務と責任があるのである。この理念のもとに全情熱を傾けて事業を行うことは大いなる善であると確信する。

㈱ 地域新聞社 代表取締役 近間之文

1. ちいき新聞の発行 
千葉県No.1の配布部数を誇る地域密着型フリーペーパー。1984年9月創刊。関東圏内(千葉県・埼玉県・茨城県)で毎週200万世帯に1軒1軒手配りで配布しています。

2. チイコミ!の運営 
住民参加型コミュニティサイト「チイコミ!」(https://chiicomi.com/)の運営。その他、ホームページ制作、LINE@代理販売などのWEB事業を展開。

3. 行政関連事業 
自治体の広報、市議会だより、千葉市防災マップ等の作成・配布など。

4. カルチャー事業 
地域のみなさんがイキイキ充実した毎日が送れるよう、八千代台、志津、公津の杜、四街道にカルチャーセンターを設置・運営しています。

5. ちいきラボ事業 
「ちいきラボ」は登録制のちいき新聞ママ読者コミュニティー。子育てにおける「あったらいいな」を共有し、ママたちの生活向上のために情報を分かち合っていくメンバー。ちいき新聞の読者モデル、コラムニスト、商品開発スタッフなど、多岐にわたって活躍中。

東京証券取引所「ジャスダック」市場 2007年、大阪証券取引所ニッポン・ニュー・マーケット-「ヘラクレス」市場に株式を上場。現在、東京証券取引所「ジャスダック」市場に株式を上場しています(証券コード2164)。

株式会社ショッパー社 東京・埼玉・神奈川でのフリーペーパーの制作・配布を中心に事業を展開。事業開始は地域新聞社より早い1973年で、ショッパーは日本におけるフリーペーパーの草分け的存在の1つ。2014年、親会社であった中日新聞社より株式(100%)を取得。地域新聞社が全額出資する完全子会社。

ちいき新聞にかかわる生活者にとって、世界一役立つ情報を届ける役割を果たすべく、「全ての事業を、持続可能で豊かな社会作りにつなげる」というCSR方針を掲げ、CSR活動にも力を入れています。そして、地域新聞社のこれまでの歩みに対して、表彰もいただいています。

1. 乳がん検診啓発「ピンクリボン運動」 ピンクリボン運動とは、乳がんの早期発見に関する世界規模の啓発キャンペーン。女性の健康を守るために、2010年に有志によりピンクリボンプロジェクトが発足。毎年10月のピンクリボン月間に合わせて、紙面での啓発や、マンモグラフィー2方向撮影検診をショッピングモール等で受けられるイベントなどを行っています。

2. 高齢者見守り「ちいき見守り隊」 ちいき新聞の配布網を活かし、各市町村と協力し、高齢者見守り事業を行っています。ちいき新聞配布員が毎週訪問(配布)する際、いつもと違う「何か」に気付いた場合、速やかに各市・行政団体に連絡することでいち早く異常を発見し、必要な支援につなげようとするものです。

3. ふるさとづくり大賞(総務大臣賞) 千葉県八千代市より推薦を頂き、平成27年度ふるさとづくり大賞団体表彰(総務大臣賞)を受賞しました。地域での情報流通は地域の誇りを持つ上でも重要であり、“地域の地域による地域のための”情報ツールとなっている「ちいき新聞」が地域社会における見本的な事例となっている事と、その地道な継続発行が評価されました。

1984年 フリーペーパー『八千代地域新聞』の発行を目的として、有限会社八千代地域新聞社を設立
1987年組織を株式会社八千代地域新聞社に変更
1988年商号を株式会社地域新聞社に変更
1998年千葉県成田市に成田支社を設置
1999年千葉県船橋市に船橋支社を設置
2000年千葉県千葉市に千葉支社を設置
2005年千葉県柏市に柏支社を設置
2006年千葉県八千代市に編集センターを設置
2008年千葉県柏市に草加支社を設置
2008年大阪証券取引所ニッポン・ニュー・マーケット-「ヘラクレス」市場に株式を上場
2009年千葉配送センターを千葉県八千代市に設置
2010年草加支社を移転し、越谷支社を設置
2012年コミュニティサイト「チイコミ!」(https://chiicomi.com/)をリリース
2012年千葉県松戸市に松戸支社を移転
2014年千葉県市原市に市原支社を設置
2017年埼玉県越谷市に埼玉配送センターを設置
2018年紹介サービス「ちいき新聞の外壁塗装」がスタート
2019年紹介サービス「ちいき新聞の外構・エクステリア」がスタート

社名 株式会社地域新聞社
創業1984年8月28日
資本金2億311万2千5百円
従業員283名(社員170名・パート113名)
配布員約3,000名
本社所在地〒273-0011 千葉県船橋市湊町1-1-1 朝日生命船橋湊町ビル5F
ホームページhttps://chiikinews.co.jp/
※ データ数字は2017年8月末現在